航空チケット予約ガイド
航空チケット予約ガイド TOP

航空チケットを希望に合う条件で、さらに格安で予約するためのご案内サイトです。

航空チケット予約ガイド TOP

旅行に出かける際、自分で航空チケットの手配をされたことはあるでしょうか?
海外旅行や国内旅行に出かけるとき、自分で何度も手配された方も、一度もしたことがないけれど、初めて予約しようという方もいらっしゃることでしょう。
でも、旅行プランは綿密に立てるけれど、航空チケットの種類や、どこで予約するか、などについてはあまり気にしたことがない、という方も多いのではないでしょうか。

ツアーには航空チケットも含めてすべてがついてくるのですが、個人で旅行する際には、航空会社で予約するしかない、と決めつけていませんか?
チケットの予約は、航空会社だけではなくて、旅行会社やインターネットサイトなどでもできるのです。

しかも格安で、条件を比較しながら、家に居ながらにして予約することができる、といったことをご存知でしょうか。

まず航空チケットには、正規料金、正規割引、格安、特典などといった種類があります。それぞれ旅行会社で予約するか、航空会社で手配するのか、といった条件や購入時期などによって予約できる種類は変わってきます。

価格重視で手配したいのか、それともできるだけ好条件の航空チケットを予約したいのか、自分の希望を整理しておくと、チケットを探す際にもスムーズに探せると思います。

ですが、個人でチケットの手配をするのが初めてだという方は、トラブルが起こった時にすぐに連絡できる旅行会社の航空チケットや、旅行先に直行で行くことができる直行便を選ばれると良いでしょう。


航空チケットの種類

まず、定価で購入するノーマルな航空チケットがあります。

そして、格安航空チケットと呼ばれるものがあります。これには、FIX航空チケットとオープン航空チケットの二種があり、旅行会社で購入するこができます。

FIX航空チケット(フィックス)はいくつかの制限が設けられているために、格安で購入できるチケットです。まず、購入時に往路と復路の日時と便が決められていて、変更することができません。そして 往路と復路の便の間隔も決められています。10日FIXならば復路と往路の間を10日にしなければなりません。
また、期間が短いほど価格は安くなります。FIX(フィックス)航空チケットが最安値で、格安航空チケットの大半を占めるといわれています。

オープン(OPEN)航空チケットの制限は、もう少し緩やかです。 決められた有効期限以内ならば復路の便を変更することができるのです。たとえば、90日OPENと書かれた航空券なら90日間の変更可能期間があります。期間内であれば現地で変更することができるのですが、制限が緩やかな分、FIX航空チケットよりも高くなります。
こちらもFIX航空チケットと同様に、有効期限が短い程安く、長いほど高くなります。

また、FIX航空チケットとオープン航空チケットを組み合わせたような、FIX/OPEN航空チケットというものがあります。
これは往路の便を滞在先で1回のみ変更できます。

次に、PEX航空チケットがあります。これは航空会社独自の割引制度で、航空会社でも、旅行会社でも購入できるものです。ANAのエコ割などがこれにあたります。

どれも安さという点では競合していますし、それぞれ特徴がありますから、予算や希望に合ったものを選ぶと良いでしょう。


航空チケットのキャンセルや変更について

航空チケットのキャンセルと変更は、チケットの種類によって変わってきます。

ですから、チケットを予約・購入される際には、キャンセルや変更が可能なのかどうか、キャンセルや変更にかかる料金、可能な時期などについて、よく確認しておきましょう。

海外航空チケットのキャンセルをする場合には、入金・発券前の段階であれば、比較的簡単にキャンセルができるようです。その場合も航空会社や旅行会社の規定、また、航空チケットの種類によっては手数料やキャンセル料がかかるかもしれません。

変更する場合も同様で、入金・航空チケットの発券前の段階であれば、面倒な手続きを踏むこともなく変更できるでしょう。

ただ、格安チケットや正規割引チケットなどの場合には、入金・発券が済んでいると、キャンセル料がかかることが多いようです

次に、搭乗者名の変更をする場合には、一度変更する搭乗者の航空チケットをキャンセルしてから、再度取り直すことになります。ですから、場合によってはキャンセルした搭乗便のチケットが取れないことも考えられます。基本的には、搭乗者名の変更はできないと考えおいた方がよいでしょう。

航空チケットの変更の場合は、もともと経路の変更が可能な航空チケットであれば、無料で変更をしてもらうことができる場合もあります。また、チケットによっては有料となるものもありますので、この点についても予約時によく確認しておくと良いでしょう。


戻る